犬夜叉ウィキ
ページの編集

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を公開して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
3行目: 3行目:
   
 
== 死 ==
 
== 死 ==
このため、奈落は力を得るために魂に栄養を与え、真面目な顔をした。 彼はこの力を使って他の人たちを殺さないようにして、彼の巨大な、ショーキーで満たされた体を楓の村に衝突させる準備をすることができた。 彼は犬夜叉が殺されるのを防ぐために村を破壊するというこの脅威を利用しようとしていたが、殺生丸は彼を無視し、爆走の宝石で宝石を身に付けた。 殺生丸の剣は、しかし、奈落の死を防ぐ宝石を傷つけなかった。 彼の大規模な体が村に落ち始めると、みんなが逃げ出し、村人を守ろうとした。 犬夜叉は明道禅師を使って自分の体を地獄に送りましたが、彼の魂は老人に残っていました。 かごめは、奈良の中の蛇のたまを見て、その宝石に矢を放った。
 
 
奈良の魂は、宝石を打つ前に、実際には、季節の愛は欲しくないと思っていました。喜久の愛が欲しかったし、亡くなった場所に行けないと嘆いていました。 奈落の病原菌は完全に精製され、村のほとんどは破壊から救われました。 奈良の魂は、突き刺された宝石の上の唯一の頭のように見え、骨の井戸の上に横たわっていて、戦闘の早い時期に儀子の多摩に別の希望をしたと言いました。 奈落の魂は最終的に物質世界から永遠に消滅し、盗まれたメイドはかごめを飲み込むように見えた。
 
 
奈落が作った願いは、奈落とかごめの魂が、シコンの多摩と翠子の魔法を置き換え、永遠に宝石の中で戦い続けるという宝石そのものの願いであることが明らかになった。
 
 
漫画では、奈良の魂は、犬夜叉によって永遠に破壊されます。犬夜叉は、奈良の闇の中で光明の宝石の中の光点をカットしています。 実際、犬夜叉の攻撃でこの瞬間、ナオヒと呼ばれる宝石の純度が永遠に消滅し、その中の邪悪な存在を完全に消滅させ、宝石の輝きと声は完全に止まった。
 
 
代わりに、アニメ版では、奈良の魂は、簡単に目を覚まし、暖かく感じて、平和であるかどうか疑問に思った。
 
   
 
{{DEFAULTSORT:ならく}}
 
{{DEFAULTSORT:ならく}}

犬夜叉ウィキへの投稿はすべて、「CC-BY-SA」に従って公開されるものとしてみなされます

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)

Imdb: {{Imdb_name|id=}} {{Imdb_character|id=}} {{Imdb_title|id=}} {{imdb_wiki|}}
Wiki: {{Wikipedia|}} [[wikipedia:]] [[wikipedia:ja:]] [[w:c:]]
犬夜叉ウィキライセンス: {{{{SITENAME}}-Copyrights}} {{{{SITENAME}}-Copyrights_Ca}} {{{{SITENAME}}-Copyrights_weapon}} {{{{SITENAME}}-Copyrights_Music}} {{{{SITENAME}}-Copyrights_book}} {{{{SITENAME}}-Copyrights_game}} {{{{SITENAME}}-Copyrights_video}}
ライセンス: {{Detailinfo}} {{Copyright_by_Wikimedia}} {{Cc-by}} {{Cc-by-sa}} {{Cc-sa}} {{Cc-by-sa-3.0}} {{CopyrightedFreeUse}} {{Fair_Use}} {{GFDL}} {{GPL}} {{No_license}} {{PD}}
テンプレート: {{Main|}} {{See|}} {{See_also|}} {{Main2|}} {{stub}} {{Otheruses|||}} {{Otheruseslist|||||||||||||}} {{aimai}}
マークアップ: {{}} | [] [[]] [[Category:]] {{DEFAULTSORT:}} #REDIRECT [[]] <sup></sup> <sub></sub> <ins></ins> <code></code> <blockquote></blockquote> <ref></ref> <div class="references-small"></div> <references /> {{Reflist}} <includeonly></includeonly> <onlyinclude></onlyinclude> <noinclude></noinclude> <gallery></gallery> [{{fullurl:|}} ] <option></option> <choose></choose> <pre></pre> <big></big> <small></small> <center></center> {{SITENAME}} {{PAGENAME}}
記号: * + × ÷ ± · Å
ローマ数字: I II III IV V VI VII VIII IX X XX XXX XL L LX LXX LXXX XC C
ギリシャ文字: α β γ δ ε ζ η θ ι κ λ μ ν ξ ο π ρ ς σ τ υ φ χ ψ ω Α Β Γ Δ Ε Ζ Η Θ Ι Κ Λ Μ Ν Ξ Ο Π Ρ Σ Τ Υ Φ Χ Ψ Ω
• もし、もっと良いものがあったら、ここでで提案してみてください。