犬夜叉ウィキ
Advertisement

妖怪(ようかい)は、『犬夜叉』に登場する種族である。

概要[]

戦国時代に存在し、人間たちを脅かす存在。太古から存在し、平安時代には既に存在していた模様(珊瑚談)。現代でも、ごく少数が存在している。

多くは基本的には凶暴で、人間を喰らうことから人間たちと対立している。人間に襲い掛からない妖怪も多く存在し、ごく稀に人間との間に子どもを成す妖怪も存在する。人間に近い姿や人間に変身できる妖怪ほど、知能や格が高い。

妖力や強い邪気を持ち、様々な術や技を使う事ができる。霊力法力などの神通力には弱く、強力な神通力をまともに喰らえば跡形もなく消される。

特に強力なものは大妖怪と呼称される。

外部リンク[]

Advertisement