犬夜叉ウィキ
Advertisement

鉄砕牙(てっさいが)は、『犬夜叉』および『半妖の夜叉姫』に登場する武器である。

概要[]

犬の大将が自身の牙を刀々斎に与え鍛えさせた妖刀。真に力を発揮させれば「一振りで百の妖怪をなぎ倒す」と謳われる。

遺言により、次男・犬夜叉へと受け継がれる。普段はみすぼらしい錆び刀だが、犬夜叉の妖力によって巨大な牙のような刀に変化する。

元々、犬夜叉の母・十六夜を守るために鍛えたといわれ、人間を慈しみ守る心がなければ扱えない[1]。純粋な妖怪結界により触れることが出来ず[2]、人間は触ることはできるが妖力がないため錆び刀のまま変化しない[3]。つまり、基本的に半妖である犬夜叉にしか扱えない。例外的に半妖である奈落が錆び刀のまま使用できた。

また、斬った対象の妖力を取り込む能力に加え、犬夜叉の妖怪化を抑える能力も持つ。妖刀故に意思の様な物が宿っており、所有者の危機には結界を張ったり、脈打つ事で進むべき道を示す事がある。鞘は敵の攻撃や鉄砕牙の一振りを防ぐほど強固であり、結界を張ることも出来、さらには鞘を通して呼びかけることで手放した鉄砕牙を呼び寄せることもできる。

本質的には「斬る」刀であるため、吸収した能力は元の妖怪や物の能力とは異なる「斬る」性質を持つ(結界を張る百鬼蝙蝠血玉珊瑚なら結界を斬る力、妖力を吸い取る妖刀奪鬼ならば妖力の源である妖穴を斬る力等)。

風の傷、奥義爆流破、結界破りの赤い鉄砕牙、金剛石を無数に放つ金剛槍破、敵の妖力を吸い取ったり妖穴を切る竜鱗の鉄砕牙、映画オリジナルの金剛爆流破を使用する。後に、天生牙から冥道残月破を受け継ぎ、奈落との戦いの最中に「斬る技」の冥道残月破が発現した。

『半妖の夜叉姫』では[]

ギャラリー[]

脚注[]

  1. ただし、四魂のかけら入りの人間の腕があれば殺生丸でも扱えていたため、必ずしも慈愛の心が必要かどうかは不明。
  2. 例外的に作成者の刀々斎は普通に触れる事が可能な他、変化させなくても鉄砕牙が吸収した新たな能力を把握することも出来る。
  3. 犬夜叉自身も人間形態(朔の夜に能力を失った状態)では変化しない。

外部リンク[]

Advertisement